建築たちの風貌!

8月18日は、何の日?

d0221125_15284360.jpg

ちょうど150年前、8月18日!(旧暦)
幕末は、1863年!志士たちを弾圧する政変!
8月18日の政変で、古東領左衛門が参加する天誅組が弾圧を受けました。
古東領左衛門も、8月24日逮捕され、翌元治年7月斬殺されます!

古東領左衛門は、私財を投げ打ってでも困窮する津井、淡路島のために働き、
迷走する日本の将来のために命をかけ、維新の先駆けとして散った志士!です。

天誅組は、尊王論と外国人を打ち払う攘夷論とが結びついた尊王攘夷論で、
戦後、右寄りで危険な思想と思われたのか日本の文化、
伝統をよく思わないリベラル的な考えが充満するなか、
古東領左衛門の名も地元の人さえ忘れさされようとしていました。
攘夷論は、時代を読めなかった過激な集団の思想で、今もあまりいいように思
われていません。ではなぜ攘夷にはしったか?をあまり伝わっていません。
坂本龍馬も最初は尊王攘夷です。

当時、金銀の比率が日本で1対5、外国が1対15!
片務的でびっくりします!!。
条約に日本の通貨に交換する権利を有することが記載されていました。
どう見ても、騙されたみたいです。
外国人の側にたってみてください。
外国で金を1キロを買います。これを15キロの銀に交換します。
日本に行ってこの15キロの銀を金に交換すると金3キロになります。
これを繰り返すだけで大金持ちです。当時、日本はゴールドラッシュでした。
外国人は、大儲け!!
このときルドルフ・リンダウという外交官が書き残したものに、
「省略~日本人の心の平和と幸せは、むちゃくちゃにされ、大暴れする黄金の
亡者のやることは、悪行ばかりだった。彼らはわめき声をあげながら町を歩き
回り、店に押し入り略奪した。止めようとする者は、蹴られ、刺し殺され、
わが同胞たちは、通りで婦女を強姦した。寺の柱に小便をかけ、金箔の祭壇と
仏像を強奪した」
日本は、こういった行為も裁くことができない、不平等な条約!ルールでした。
また、幕府は、日本から金が流出することで、金量をおもいっきり減らした万
延小判を鋳造ていきますが、額面が同じですのでごっつい!インフレになりま
す。
輪を掛け、日米修好通商条約の片務的な領事裁判権、協定関税制によって、
輸出超過で物価が急騰!
庶民の生活は困窮します。津井も1861年、多数飢人がでるほど困窮しています。
外国から安い綿が入ってきて綿作農家も圧迫され、
淡路の代表的産業の淡路木綿は衰退していきます。
一方、これを機会に新興層がでてきます。
こういったことから古東領左衛門たちは、行動にうつしていったのです。
賛否はあるとおもいますが、地元のためにつくしたのは、間違いなく!
われわれ地元の人間が語りつがなければとおもう!
8月18日です。

すこしTPPのことも考えましょう。ルールのなかで競争しましょうといいま
すが、平等が前提です。グローバルで平等とはなにか?むずかしい!
ルールをつくったもんが有利!!淡路島も幕末以来、激変するかも。。

┏┌┌┌ ----------------------------------------------          
┏┏┌┌ 想いを語り継ぐ!!
┏┏┏┌  テラコッタアートVASARA http://www.vasara-sp.com/
       ---------------------------------------------
[PR]

by vasara-spirit | 2013-08-18 15:34
<< 志知城より、いざ出陣! めざせ!パティシエ! >>